ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉部 > 保健所生活衛生課 > 災害時のペットとの同行避難について

本文

災害時のペットとの同行避難について

ページID:0007246 更新日:2022年10月4日更新 印刷ページ表示

ペットとの同行避難をする際には次の点に注意しましょう

  • 同行避難は、ペットをケージに入れるか、首輪が抜けないよう確認し、リードを装着等の逸走防止をした上で避難しましょう。
  • 避難所には、動物が苦手な方や動物のアレルギーを持った方もいらっしゃいますので、ペットは居室に入れず、玄関や軒下等の避難所職員から指定された場所に置きましょう。
  • 避難所では人とペットは別の場所で生活し、ペットの世話は飼い主自らが行うことが原則です。給餌や排泄物の処理、散歩や鳴声の対処は飼い主が責任を持って実施しましょう。

スムーズな同行避難のために日頃から備えましょう

  • 平常時に緊急時の預け先を決めておきましょう。
  • 一緒に連れて避難できる適正な頭数を飼いましょう。
  • 餌やペットシーツなどのペット用品は3日分程の備蓄をしましょう。
  • ペットには所有者の明示をしましょう。
  • ワクチン接種などペットの健康管理に注意し、むやみに吠えないように人や動物に慣らしておきましょう。
  • ケージやキャリーバックに慣らしておきましょう。