ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林部 > 林業振興課 > 伐採及び伐採後の造林の届出等について

本文

伐採及び伐採後の造林の届出等について

ページID:0007503 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

 森林法の規定により、県が定める地域森林計画の対象となる森林を伐採するには、伐採前と伐採完了後、伐採後の造林完了後に以下の届出が必要となります。

 
届出 提出期間

伐採及び伐採後の造林の届出

(以下、「伐採届」という。)

伐採を始める30~90日前まで

伐採に係る森林の状況報告

(以下、「伐採の状況報告」という。)

伐採完了日から30日以内

伐採後の造林に係る森林の状況報告

(以下、「造林の状況報告」という。)

造林完了日から30日以内

届出の対象となる森林

地域森林計画の対象となっている民有林

地域森林計画の対象森林については、下記の「ふくしま森まっぷ」で確認が可能です。

「ふくしま森まっぷ」で確認できない場合は、林業振興課(024-924-2231)へお問い合わせください。

届出に必要な書類について

伐採届

  1. 位置図(伐採場所がわかるもの)
  2. 土地所有者が確認できるもの(写し)
    (例:登記事項証明書、登記識別情報、土地売買契約書等)
  3. 同意書(届出人と土地所有者が異なる場合)

伐採の状況報告 及び 造林の状況報告

  1. 伐採(造林)後の状況が分かる写真
  2. 位置図(伐採(造林)場所がわかるもの)

提出方法について

郵送又は電子申請(簡易システム)による提出も可能です。

ただし、電子申請(簡易システム)による提出については、添付可能なファイルの容量が10MBまでであり、容量を超える場合は申請出来ないため、御了承願います。

伐採後の跡地の開発行為について

 森林法第10条の2第1項に基づく林地開発は福島県の許可が必要となります。福島県県中農林事務所森林土木課(電話番号:024-935-1373)へお問い合わせください。

 なお、林地開発許可を受けた場合は伐採届の提出は不要となります。

保安林について

  • 保安林とは、水源の涵養、土砂流出など災害防備・レクリエーションの場の提供などの特定の公共目的を達成するため、農林水産大臣及び都道府県知事によって指定される森林です。
  • 保安林内の立木を伐採する場合は福島県の許可が必要となります。福島県県中農林事務所森林林業部(電話番号:024-935-1373)へお問い合わせください。

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)