ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市民提案制度~みなさんの声~ > 令和6年度 観光・交通(駅)

本文

令和6年度 観光・交通(駅)

ページID:0114321 更新日:2024年6月13日更新 印刷ページ表示

投稿内容一覧

郡山駅構内へのエレベーターの増設要望

令和6年4月受付分

投稿内容(郡山駅構内へのエレベーターの増設要望)

 私は、郡山駅東口側に子連れで住んでいるものです。よくベビーカーで子供を連れて連絡通路と通って郡山駅西口側に散歩に行くのですが、連絡通路を抜けた付近(ピボット付近)ではエレベーターも降りエスカレーターもなく、階段しかありません。なので構内中央のエレベーターまで毎回迂回していてとても大変です。駅東口にエレベーター、エスカレーターを設置していただいて非常に便利になったのですが、連絡通路をぬけた西口南側(ピボット入口付近)でもエレベーター等があるととても助かります。将来設置をぜひご検討いただきますようお願いいたします。

回答

 郡山駅の東西を結ぶ市管理自由通路については、いわゆるバリアフリー法第25条に基づき策定した「郡山市バリアフリー基本構想」のもと、東口部のエレベーターやエスカレーターの設置等、バリアフリー化を進めてまいりました。
 一方、自由通路西側については、JR東日本が管理する郡山駅構内に出入口が設けられ、階段のみの構造となっており、新たなエレベーターの設置につきましては、その位置や構造、管理運営等が課題となっております。
 本市としましては、バリアフリー化のより一層の推進を図るため、自由通路西側へのエレベーター設置について、福島県が事務局である「福島県鉄道活性化対策協議会」を通じ、JR東日本へ平成29(2017)年から継続的に要望しているところであります。
 今後においても、様々な機会を捉え、JR東日本へ要望してまいります。

<参考法令>
〇高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)
第25条(移動等円滑化基本構想)
市町村は、基本方針(移動等円滑化促進方針が作成されているときは、基本方針及び移動等円滑化促進方針。以下同じ。)に基づき、単独で又は共同して、当該市町村の区域内の重点整備地区について、移動等円滑化に係る事業の重点的かつ一体的な推進に関する基本的な構想(以下「基本構想」という。)を作成するよう努めるものとする。

(総合交通政策課)