ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 防災危機管理課 > 弾道ミサイルが発射されたら「弾道ミサイルに伴う全国瞬時警報システム(Jアラート)に係る情報伝達について」

本文

弾道ミサイルが発射されたら「弾道ミサイルに伴う全国瞬時警報システム(Jアラート)に係る情報伝達について」

ページID:0007417 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

平成29年5月9日付で、内閣官房から「北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について」変更及び更新の通知がありましたので、お知らせします。

また、北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、国は、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしております。

なお、詳細については、国民保護ポータルサイト<外部リンク>をご覧ください。

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について<外部リンク>

全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達のメッセージの変更について

全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達のメッセージの変更について[PDFファイル/54KB]

全国瞬時警報システム(Jアラート)の概要

全国瞬時警報システム(Jアラート)の概要[PDFファイル/276KB]

内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容

内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容[PDFファイル/847KB]

関連リンク

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)