ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境部 > 5R推進課 > 電動式生ごみ処理機購入費補助金交付事業を再開しました!

本文

電動式生ごみ処理機購入費補助金交付事業を再開しました!

12 つくる責任 つかう責任
ページID:0103682 更新日:2024年6月12日更新 印刷ページ表示

◎家庭から出る生ごみの減量を促進するため、電動式生ごみ処理機の購入者に対して、購入費の一部を助成します。

補助要件

  • 市内の販売店舗から処理機を購入した方
    ※市外の販売店舗や通信販売、ネットオークションなどは対象外
    ※令和6年4月1日以降に購入し、購入した年度内に申請したものが対象です。
  • 市内に住所を有し、かつ居住している方
  • 市税等の滞納が無い方

補助金の額

購入費(消費税を除いた処理機の本体価格)の2分の1(ただし、1円未満は切捨て。)

※クーポン券やポイント等を充当した場合、実際の支払額が交付対象額となります。

補助上限額25,000円

申込方法

5R推進課に以下の申請書等を全て揃えてお申込みください。

​その他

  • 補助金の交付対象は1世帯(同居世帯は1世帯とする)1台まで
  • 補助金の交付を受けた方は、処理機購入日から6年間再申請できません
  • 予算がなくなり次第は補助金の交付は終了します
    ​​▶今年度の予算残額:9,407,223円 (令和6年6月12日現在)        

​電動式生ごみ処理機の種類と特徴

  • バイオ式

​処理機本体に培養機材(バイオチップ)を充填させた中に生ごみを入れ、電動でゆっくりと攪拌することにより微生物の働きが活発になり、ほとんどの生ごみを炭酸ガスと水蒸気に分解します。

  • 乾燥式

​投入した生ごみを攪拌しながら高温の熱風で乾燥処理します。比較的短時間で著しい減量化の効果があり、衛生的でもあります。毎回成果物を取り出すことができるのも特徴です。

  • ハイブリッド式

​バイオ式、乾燥式の長所を取り入れた方式で、投入した生ごみに送風し乾燥させてから、バイオ処理をし、減量化・堆肥化します。

生ごみ処理容器無償貸与事業​についてはこちら

生ごみ処理容器無償貸与事業​​

よくある質問