ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉部 > 地域包括ケア推進課 > 高齢者日常生活用品(紙おむつ等)給付事業

本文

高齢者日常生活用品(紙おむつ等)給付事業

ページID:0006308 更新日:2022年8月26日更新 印刷ページ表示

介護保険の要介護認定を受けている65歳以上の在宅高齢者等に介護用品給付券を支給し、紙おむつなどの介護用品の購入費用を助成します。

給付券とはどんなもの?~対象者及び助成額~

給付券の種類及び助成内容、対象となる方について

給付券の種類及び助成内容、対象となる方について
種類 助成内容 対象者
介護用品給付券
  • 1枚につき3,000円
  • 年12枚を限度として交付
要介護1~5に認定されていて、かつ市民税が非課税の方
家族介護用品給付券
  • 1枚につき6,000円
  • 年12枚を限度として交付
要介護4、5に認定された高齢者を介護していて、かつ同居者全員の市民税が非課税の方
  • 助成の対象となるのは在宅の方に限られます。入院中の方や介護保険施設等(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、養護老人ホーム)に入所中の方は該当しません。
  • 介護用品給付券及び家族介護用品給付券は、重複して交付を受けることはできません。
  • 券面額以下の会計時にも使用できますが、つり銭は出せません。

給付券で購入できる品目

介護用品給付券、家族介護用品給付券とも以下の22品目です。

給付券で購入できる品目

紙おむつ、尿とりパッド、使い捨て(ゴム)手袋、清拭剤、お尻拭、身体拭、ドライシャンプー、防水シーツ、医療用ソフトシーツ、消毒液、脱脂綿、油紙、両面絆創膏、絆創膏、ガーゼ、綿球、ピンセット、安楽尿器、バット​、浣腸液​、円座​、おむつカバー​

上記以外の品目の購入に、使用することはできません。

給付を受けるためには~申請方法および交付~

申請について

下記の書類(2点。転入された方は3点)を地域包括ケア推進課か各行政センターに提出してください。

郡山市日常生活用品給付申請書

申請書には、ケアマネジャーか高齢者あんしんセンター職員の証明が必要です。あらかじめ、ケアマネジャー等にご相談の上、申請書を作成してください。
なお、申請書及び記載例はこのウェブサイト下部、ダウンロードのコーナーにあります。適宜ご利用ください。

介護保険被保険者証の写し

要介護認定区分等が印字されている面の写しをご提出ください。

所得・課税証明書(前年以降に本市へ転入された方のみ)

前年以降に本市へ転入された方は、本市で市民税の課税状況を確認することが出来ません。

転入前の自治体で市民税の課税額を確認するため、以下のいずれかの書類を併せてご提出ください。

  • マイナンバーカードのコピー
  • マイナンバー通知カードのコピー
  • マイナンバーが記載されている住民票
  • 転入前の自治体における市民税の課税額が確認できる証明書

(所得証明書、非課税証明書等)

なお、申請月によって必要な証明書の年度が異なります。下記を参照ください。

添付が必要な証明の課税年度について
申請書を提出する月 証明書の課税年度
4月~6月まで 前年度のもの
7月~3月まで 今年度のもの

転入でない方でも、本市で市民税が課税されていない場合は、証明書の添付を依頼することがあります。

給付券の交付について

申請書類により、介護認定状況や課税状況を調査し、受給資格があると認定した方へ給付券を交付します。券は、交付を決定した翌月の初日に交付します。

申請書類の記載不備や、添付書類の不足等があった場合、速やかに交付できないことがあります。申請は余裕を持って行っていただきますよう、お願いします。特に所得、課税証明書の準備や介護保険の認定期間の更新等で、交付決定が遅れてしまうケースがありますので、ご注意ください。

給付券は、どのように使えばいいの?~使用できる店舗や注意事項~

使用できる店舗について

指定店一覧 [PDFファイル/119KB]

月ごとの使用可能枚数について

給付券が使えるのは、月あたり1枚です。給付券に○月分とありますので、記載された月にご利用ください。その月以外の月でのご利用はできません。

給付券をご利用中の方へ~給付券を返還しなくてはならない場合があります~

次のいずれかに該当するときは、返還速届を記載、添付の上、やかに給付券を地域包括ケア推進課か、各行政センターへ返還してください。

  1. 利用者が市内に住所を有しなくなったとき
  2. 利用者が死亡したとき
  3. 利用者が要介護1~5以外に認定されたとき
  4. 利用者が市民税課税になったとき
  5. 利用者が紙おむつ等の介護用品を使用しなくなったとき
  6. 利用者が1か月以上入院したとき
  7. 利用者が施設に入所したとき

(施設とは、特別養護老人ホームや養護老人ホーム、介護老人保健施設・介護療養型医療施設を指します。)

介護用品給付券は金券です。紛失しても再発行できませんので、取扱いには十分ご注意ください。

指定店の申請について

新たに指定を受けようとする場合は、指定申請書に必要書類を添付し、地域包括ケア推進課へ提出してください。​

郡山市高齢者介護用品給付券・家族介護用品給付券指定店申請書 [PDFファイル/77KB]

郡山市高齢者介護用品給付券・家族介護用品給付券指定店申請書 [Excelファイル/53KB]

(必要添付書類)

  1. 会社の事業形態・事業内容が分かるもの(パンフレット等)
  2. 取扱品店舗陳列状況写真

給付券の登録店舗の方へ~変更届提出のお願い~

登録内容に変更が生じた場合は、速やかに変更届を提出してください。様式及び記載例は、ダウンロードのコーナーに掲示しています。

ダウンロード

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)