ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

郡山市水道事業の計画について

ページID:0005624 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

郡山市水道事業経営戦略について

策定の趣旨

本市の水道事業については、安積疏水の完成により、猪苗代湖を水源として東北では秋田、青森に次いで3番目、全国では23番目の近代水道として1912(明治45)年4月に豊田浄水場から給水を開始しました。以来、7次にわたる拡張事業を重ね、東北でも有数の水道事業体として発展を遂げ、中核市郡山の市民生活や社会経済活動を支える都市基盤施設として大きな役割を担ってきました。

全国的に、これら高度経済成長期に建設した施設の老朽化が進み、耐震化を踏まえた更新に多額の費用を要するなど、施設拡張の時代から維持管理の時代へと転換の時期を迎え、人口減少と節水意識の高まりの中で、長引く景気低迷の影響を受け、給水収益が伸び悩むなど、水道事業を取り巻く経営環境は厳しさを増しています。

本経営戦略は、水道事業が料金収入をもって経営を行う独立採算制を基本原則としていることを踏まえ、経営環境の変化に適切に対応し、中長期的な視点から水道事業の徹底した効率化及び経営の健全化に取り組むことにより、安全・安心な水道水を持続的かつ安定的に供給していくための指針として策定するものです。

計画期間

2019(平成31)年度から2029(令和10)年度まで(11年間)

経営戦略の実施状況については、「計画策定(Plan)-実施(Do)-検証(Check)-見直し(Action)」のPDCAサイクルを活用し、毎年度進捗管理を行います。

経営の基本方針

「経営の健全化による持続可能な事業推進に努める」

経営戦略

関連ページ

郡山市水道施設更新・長寿命化計画について

本市では、「災害に強く安定した水道」の更なる推進を目指し、安全・安心で持続可能な維持管理を進めています。

郡山市水道施設更新・長寿命化計画の画像

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)