ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > SDGs未来都市こおりやまポータル > SDGs未来都市に選定されました

本文

SDGs未来都市に選定されました

ページID:0025531 更新日:2022年2月22日更新 印刷ページ表示

SDGs未来都市への選定について

令和元年7月1日、自治体によるSDGsの達成に向けた優れた取り組みを行う都市として、郡山市が県内で始めて「SDGs未来都市」に選ばれ、総理官邸にて選定証授与式が行われました。

また、SDGs未来都市の中でも、特に先導的な取り組みであって、多様なステークホルダーとの連携を通し、地域における自律的好循環が見込めるものとして、東北で初めて「自治体SDGsモデル事業」にも選ばれました。

今後も、将来世代につなぐ持続可能なまちづくりを進めるため、SDGsの達成に向けた取り組みを推進していきます。

2019年度のSDGs未来都市の選定:31都市
うち自治体SDGsモデル事業:10事業

「SDGs未来都市」選定証授与式 2019年7月1日の画像
「SDGs未来都市」選定証授与式 2019年7月1日

「SDGs未来都市」選定証授与式の画像

郡山市のモデル事業『SDGs体感未来都市 こおりやま』について

郡山市のモデル事業『SDGs体感未来都市 こおりやま』の画像

「健康」をキーワードに「経済」、「社会」、「環境」において、持続可能なまちづくりに向けた先導的取組を実施します。
オープンデータを活用した広域医療等の分析(EBPM)及びICTを活用した健康寿命延伸対策(EBM)を進めることで、医療・健康産業の集積、健康寿命延伸・医療費抑制、環境負荷の少ない快適な生活環境の確保等を進めます。

自治体SDGs推進評価・調査検討会からの総評

  • バランスの良いターゲット設定により各項目が関連し循環できる計画となっており、ステークホルダーとの連携についても充実している。
  • モデル事業として健康に絞った企画は分かりやすいが、健康には、住まいや食物等も強く関係するため、医療、健康、福祉と他の分野との連携など、より広がりを追求し、SDGsの取組らしさを強調することが望ましい。

 内閣府地方創生推進事務局HP
(2019年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について)
https://www.chisou.go.jp/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2019sentei.html<外部リンク>

(内閣府のホームページがリニューアルしたため、上記リンク先にジャンプできなくなっています。必要に応じ、URLをコピー&ペーストしてご覧ください。)

SDGs未来都市計画

郡山市第2期SDGs未来都市計画 [PDFファイル/3.47MB]

SDGs未来都市選定後、3年ごとに計画を策定しています。
第2期計画は、2022年度から2024年度までを計画期間とするものです。

SDGs未来都市計画の進捗状況

2019年度郡山市SDGs未来都市等進捗評価シート[PDFファイル/697KB]

2020年度郡山市SDGs未来都市等進捗評価シート [PDFファイル/628KB]

郡山市の取組と、それに対する内閣府自治体SDGs推進評価・調査検討会による評価です。

内閣府地方創生推進事務局HPには、各未来都市の進捗評価が掲載されています。

https://www.chisou.go.jp/tiiki/kankyo/teian/sdgs_followup.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)