ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境部 > 3R推進課 > だめヨン君のごみ処理講座

本文

だめヨン君のごみ処理講座

ページID:0001055 更新日:2022年9月14日更新 印刷ページ表示

イメージキャラクターだめヨン君のイラスト

こんにちは、郡山市ポイ捨て等防止イメージキャラクターの「だめヨン君」です。わたしと一緒に郡山市のごみの状況を見てみましょう。

だめヨン君

郡山市の頭文字「K」の形をした、市の花「ハナカツミ」色のごみ袋が、自らごみ処理をしている様子を表現しています。また、犬の散歩時には、必ずスコップを持参し、ふんの後始末を忘れずにということも表現しています。

令和3年度ごみの量

1年間に排出されたごみの量:134,876トン(台風や地震に伴う災害ごみ量を除く。)

ダメヨン君のイラストの画像1ひとり一日で約1,062グラム、1年間で約388キログラム排出しています。

令和3年度ごみ処理経費

1年間にごみを処理する経費:約35億円(台風や地震に伴う災害ごみ処理経費を除く。)

ダメヨン君のイラストの画像2ひとり一日で約32円、1年間で約11,500円の経費がかかっています。

ごみを減らすには

分別を徹底しよう

"混ぜればごみ、分ければ資源"

「ごみの日カレンダー」や「家庭ごみの分け方と出し方」をよく確認して、ごみの分別を徹底して行いましょう。

3R(スリーアール)を実践しよう

  • Reduce(リデュース)=排出抑制=ごみになるものを家に持ち込まない。
  • Reuse(リユース)=再使用=物を捨てないで生かして使う。
  • Recycle(リサイクル)=再生利用=捨てる前にもう一たび資源になるように努める。

生ごみを減らそう

排出されるごみのうち、生ごみの占める割合は約30%です。

そのほとんどが水分であるため、生ごみの水切りはごみ減量にとても有効です。

ダメヨン君のイラストの画像3
生ごみを肥料にしよう。

郡山市では、生ごみ処理容器の無償貸与を行っています。

ごみを減らし、上手にリサイクルすることは地球環境に大変良いことですよね!

できることから少しずつごみを減らして行きましょう。

ごみ処理施設

中間処理施設(焼却施設、不燃・粗大ごみ処理施設、資源化施設)

  1. 富久山3Rセンター
    • 富久山クリーンセンター
    • 富久山クリーンセンターリサイクルプラザ
  2. 河内クリーンセンター

最終処分場

  1. 河内埋立処分場
  2. 西田埋立処分場(平成19年8月末埋立完了)

わたしたちとごみ

郡山市のごみについてまとめた「わたしたちとごみ」という冊子を毎年郡山市の公立学校に通う小学四年生に、各学校経由で配布しています。

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)