ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 上下水道・浄化槽・簡易水道 > 上下水道 > 郡山市上下水道局 > 雨水活用補助金(浄化槽転用・雨水浸透桝・雨水貯留タンク)の概要について

本文

雨水活用補助金(浄化槽転用・雨水浸透桝・雨水貯留タンク)の概要について

ページID:0005508 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

補助制度の内容

郡山市では、洪水、浸水被害の軽減及び良好な水環境の維持回復に向けた水資源の有効利用を図るため、以下のことについて補助をしています。

  1. 不用となった浄化槽を雨水貯留施設に転用、または新たに雨水貯留施設を地下に設置する場合
  2. 地上設置型雨水貯留タンク(100リットル以上)を購入する場合
  3. 雨水浸透ますを設置する場合

雨水流出抑制施設イメージ

補助対象区域

設置する場所が、公共下水道が整備されている区域または公共下水道が整備される予定の区域であること。

雨水浸透ますについては、傾斜地や擁壁の上部、下部など、雨水を浸透させることにより地盤変動を引き起こす可能性があることから、設置に適さない場所もありますので事前に御相談ください。

補助額及び補助の対象となる工事等の内容

1.浄化槽転用等雨水貯留施設

補助額

設置費の3分の2の額。限度額は、以下の2種。

  1. 一般住宅の場合:25万円
  2. 事業所等の場合:40万円

補助対象

  1. 浄化槽の清掃(または貯留タンク等の設置)
  2. 雨水経路の配管
  3. ポンプ及び散水栓等の設置

2.地上設置型雨水貯留タンク

補助額

購入費の3分の2の額で、4万円が限度。1棟につき1基まで。

補助対象

  1. 雨水貯留タンク(貯留量100リットル以上)本体の購入
  2. 集水継手、架台、転倒防止金具等設置に必要な部材の購入

貯留量100リットル未満のタンクは補助を受けられません。

送料、設置費用は補助の対象にはなりません。

3.雨水浸透ます

補助額

設置費の3分の2の額で、2万5千円が限度。1棟につき4基まで。

補助対象

  1. 雨水浸透桝本体の設置
  2. 雨水経路の配管

施設利用の利点

  • 降雨時の浸水対策、河川増水対策
  • 水資源の有効活用
  • 水道料金、下水道使用料の軽減

申請の方法

雨水活用施設を設置又は購入する前に申請してください。なお、設置又は購入後の申請は認められませんので御注意ください。

  1. 現在、令和4年度分の申請を受け付けております。
  2. 記載方法など御不明な点がございましたら、上下水道局お客様サービス課排水施設係までお問い合わせください。

雨水活用施設(雨水流出抑制施設)を設置された方へ

浄化槽から下水道切替工事を行った際に、既存浄化槽を雨水を溜める施設として転用し、利用されている方や雨水タンクを設置され雨水を有効利用されている方へお知らせします。

台風等、大雨が降る予報が出された際には、あらかじめ施設に貯留している水を排水していただくようお願いします。

浸水被害の軽減につながりますので、皆様のご協力をお願いします。

なお、平成8年度から現在に至るまで雨水貯留施設が市内には約2,067基設置され、25mプール約16杯分の貯留量となります。

ダウンロード

その他

  • 補助制度の詳細については、郡山市下水道工事指定店または上下水道局お客様サービス課排水施設係までお問い合わせください。
  • 年間の補助件数は限りがございますので御注意ください。

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)