ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

水道管の冬じたく(凍結の対策)

ページID:0005551 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

毎年冬になると水道管が凍ったり、破裂したりすることがあります。

ご自宅の水道管は大丈夫でしょうか?

思わぬ出費を防ぐためにも、水道管の凍結、破裂に注意しましょう。

凍結しやすい水道管

管がむきだしになっている水道管、北側にある水道管、風当たりの強いところにある水道管などは、寒くなると凍結しやすいので注意してください。

凍結した水道管と雪だるまのイラスト

凍結を防ぐためには

不凍式止水栓がある場合には止水栓を閉め、蛇口を開けてください。管の中の水が抜けます。

また、屋外に露出している水道管などは凍りやすいので、布や発泡スチロールなど保温材を巻きつけると効果があります。

凍結対策された水道管と雪だるまのイラスト

凍結してしまった場合

ぬるま湯でゆっくりとかしてください。急に熱湯をかけると蛇口が破裂することがありますので注意してください。

凍結した水道管にやかんで熱湯をかけ、「ストップ!」と書かれたイラスト

破裂してしまった場合

水道管が破裂したときは、応急手当として、止水栓・水抜き栓(不凍栓)を閉めて水を止め、破裂した部分に布かテープをしっかりと巻きつけてください。

水抜き栓、メーター、止水栓の連動を示すイラスト

凍結が解消しないとき・破裂したときは、郡山市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。修理費はお客様の負担となります。

関連リンク

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)