ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 上下水道・浄化槽・簡易水道 > 上下水道 > 郡山市上下水道局 > 農業集落排水処理施設のご紹介(その2:川田、多田野地区)

本文

農業集落排水処理施設のご紹介(その2:川田、多田野地区)

ページID:0001607 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

川田、多田野地区の農業集落排水処理施設について紹介します。

川田地区農業集落排水処理施設

川田地区農業集落排水処理施設の外観写真

川田地区農業集落排水処理施設
所在地 三穂田町川田三丁目136
供用開始年月 平成9年7月
計画区域面積 95ヘクタール
放流先 農業用水路→笹原川→阿武隈川
施設型式 日本農業集落排水協会(JARUS)-3型
処理方式 生物膜法(嫌気性ろ床槽・接触ばっ気方式)
処理能力 日平均:246立方メートル
日最大:300立方メートル
時間最大:29.6立方メートル
処理戸数・人口(計画) 183戸・910人

多田野地区農業集落排水処理施設

多田野地区農業集落排水処理施設の外観写真

多田野地区農業集落排水処理施設
所在地 逢瀬町多田野字上中丸10-2
供用開始年月 平成9年10月
計画区域面積 73ヘクタール
放流先 農業用水路→西ノ川→笹原川→阿武隈川
施設型式 日本農業集落排水協会(JARUS)-11型
処理方式 浮遊生物法(回分式活性汚泥方式)
処理能力 日平均:489立方メートル
日最大:597立方メートル
時間最大:58.9立方メートル
処理戸数・人口(計画) 374戸・1,810人

これらの地区にお住いで、まだ、農業集落排水に接続されていない方は、接続をお願いします。

関連リンク

よくある質問